子供が低体温になる原因と対策をしよう!

よく熱を出す子供、風邪ひきやすい子供っていますよね。
うちの子もそうなのです。
人間の体内にある酵素は、36.5度でないと活発に活動してくれないんだそうです。
体温が低いといろいろ弊害もあるともいう話です。
子供の体温は、朝は低めで昼は少し高めで0.5度くらい違うのが普通だそうですよ。
体温を上げる対策をしないといけない感じかな。 子供

子供の低体温とは?

  • 早起きができない
  • 無気力
  • ボーっとしてる
  • 疲れやすい
こんな生活態度をとってない?
  • いつも静かで動かない
  • ずっと落ち着きがない
  • すぐ怒りすぐにキレる
幼稚園や保育園の先生に、このようなことを心配されたら、低体温が関係しているかもしれないそうです。

子供の低体温の症状とは?

低体温になると、免疫力低下するためこのような症状が現れます。
(太りやすい、風邪をひきやすい、流行り病を直ぐにもらう)

子供の低体温の原因は?

現代社会の影響も大いにありますが、毎日の生活の中に原因がたくさんあります。

  1. 運動不足
  2. (外で遊ばなくなった、家でゲームをすることが多い、車での移動が多い)

  3. 夜型生活
  4. (寝ないからと夜更しをさせている、夜に子ども連れで出かけている、遅くまでテレビを見ている)

  5. 冷暖房に頼りすぎの生活
  6. (自発的な体温コントロールができなくなった)

  7. 食生活の乱れ
  8. (冷たいもの甘いものの食べ過ぎ、インスタント食品をよく食べる、スナック菓子が好き、朝食を食べない)

  9. ストレス
  10. (ストレスから血行不良になる)

子供の低体温には5つの対策をするといい?

体を動かして代謝をあげる。 午前中に外遊びをするといいそうです。
保育園や幼稚園の日は、外遊びをたっぷりする習慣はありますね。 休みの日は親子で公園遊び。
親子で散歩。親子で鬼ごっこも楽しそう。親子でラジオ体操。
忙しくてもお家の中でラジオ体操はできそうです。
ついでにママは、ダイエット目的で。(笑)

早寝早起きの習慣対策を

寝る時間がきたらお布団の中で読み聞かせ。帰りの遅いお父さんを待たない。
早寝をすると成長ホルモンが出て自律神経も整うので、早く寝かせてあげましょう。
子供の生活リズムを確立しないといけませんね

室内は適温にする

冷暖房ともに適正温度を守り、小まめに空気の入れ替えましょう。
薄着や厚着に気を配って、冷えすぎ暖め過ぎに気をつける。 脱ぎ着のしやすい服装がいい。
外の気温に触れず冷暖房に頼り切った生活は、体温コントロールができなくなり自分で体温調整ができなくなって、自律神経が乱れるそうです。

食生活の見直し

一日の始まりは朝ご飯をしっかり食べるようにすることから。
ビタミンミネラル食物繊維などを意識して摂りいれるようにしましょう。
子供が大好きな冷たいジュースやアイスクリームは体を冷やすためなるべく控えること。また、野菜やフルーツも種類によって低体温の原因になるので注意が必要です。
冷たい水は白湯に変えたり、温かいお茶がおすすめ。

朝は体温が低いのですが、食べることで体温が上がるのでしっかり食べさせましょう。
また、朝ちゃんとご飯をとることで排便もスムーズになります。

ストレスをとりのぞく

ストレスも低体温の原因になるのは、大人も子供も一緒。
子供がストレスを抱えていないか、生活全般に目を向けてあげましょう。
毎日の習慣の中で子供の低体温症をつくっていると知り、低体温の原因をが分かりましたよね。
あとは対策を立ててできることから改善を。
これまで体に染みついてしまった毎日の生活習慣を直すのは、子供も嫌がって簡単にはいかないかもしれませんが、我が子の健康な毎日のためここは頑張りどころです!(*^^*)