低体温は妊娠しにくい?妊活と温活の関係

低体温は、妊娠にも大きな影響を与えているって知ってますか?
妊娠を望んでいても思うようにいかず、妊活を始める人が多いようです。
ここでもやはり冷えが大きな原因のひとつになっていることが大半のようです。
ということは…妊活=温活ということになりますよね。

冷えや低体温は、血流が悪くなり、そのことで子宮や卵巣も冷えてしまいうまく機能しなくなるようです。
血液の中には酸素や栄養分も含まれていて、妊娠できる環境をつくってくれるのです。
受精できるような元気な卵子にしてくれたり、受精卵がすこやかに育つような子宮内膜にしてくれたりするんですよね。
その環境が整ってこそ、受精卵が細胞分裂を始め赤ちゃんになっていくのです。
これが低体温であるとうまくいきません。
妊娠

妊娠したいなら先ず「温活」

妊娠できないからといって、妊娠サプリにすべて頼っていませんか?
その前にまず「温活」しないと、サプリメントだけでは効果が出ないかもしれません。
またサプリメントの効果を上げたいなら、やはり温活は外せませんね。

なんか想像するだけで、頷けません?
冷えた子宮の中で赤ちゃんがすくすく育つイメージはわきませんよね。
お母さんの子宮の中の温かい空間で、育つのです。
なので妊活の第一歩は、温活ですよ!

男性の冷えは無視できない!

それから忘れてはいけないのは、男性の冷え。
不妊って女性が原因のように思われがちだけど、けっこう男性の方に問題がある場合もあるんですよ。

だから不妊治療の最初は、夫婦で一緒に検査を受けないといけないんです。
両方それぞれに問題がある場合も多いんです。男性の冷えは、精子が元気でないことも多いそうです。

妊活には基礎体温の測定が必須

妊活始めている人ならわかると思いますが、必ず基礎体温を毎朝計るように指示されますよね。
私も妊娠しにくかったので、長いこと基礎体温表をつけてました。
私も低体温が原因だったと思うのですが、確かに、私の基礎体温票は、低温期と高温期の境目がはっきりしてませんでした。

正常な女性の基礎体温票は、きれいな2層に分かれるんですよね。
不妊外来の医師は、その基礎体温票をみればその人が低体温かどうかわかるんでしょう。

妊活と低体温を上げる温活はセットで頑張る!

妊活だけやってきた人は、ここで温活も始めましょう。
温活だけやってきた人は、なかなか上手くいってないならサプリメントを摂りいれながらがいいかもしれませんね。

温活と妊活、どっちも大切です。妊娠したとき、素足でいると母に叱られました。
昔からの知恵は、やはり意味がちゃんとあることなんですよね。
妊娠して犬の日に腹巻きも巻きました。
あれも儀式めいているけれど、お腹を冷やさないようにという古来からの良いしきたりですね。

なのに最近街でみかける妊婦さん。とてもおしゃれになって素敵なんだけど、おしゃれしながらも下半身はしっかり温活して守りましょうね。
夏だからって、裸足にミュールはNGです。
靴下の重ね履きも、色遊びができると思うので、重ねながら楽しんだらいいと思いました。
妊活は悲観になるのもよくないので、温かく楽しみながら温活しましょう!