冷え取りに良い服装を知ろう!ファッションで低体温改善

低体温は万病の元になるということがわかったので、すぐに冷え取りしたいですね。
冷え取りって、靴下を4枚以上重ね履きするんですよね。 靴下10枚以上履く人もいるらしいので、ちょっと驚いてしまいましたが、でも低体温で困っているなら、ご参考の通り10枚くらい靴下履いた方が早く冷え取りができるかもしれませんね。

だけど、いくら薄めの靴下でも4枚も履いたら、今履いている靴は多分履けません…(泣)
きっと冷え取りを始めたいけど、靴もだけど服装もどんなのがいいのか気になるところだと思います。
冷え取りするけど、ファッションセンスは落としたくない人も多いはずですからね。
ファッション

冷え取りのファッションはどんな服装がいいの?

  1. 上半身は薄く、下半身は厚く
  2. 夏も冬も、この服装を基本にします。いつでも頭寒足熱を意識します。

  3. 服装の基本
  4. 上半身は薄着にします。夏はキャミソールやノースリーブでもOK。
    下半身はレギンスの重ね履き、靴下の重ね履き

    靴下の重ね履きは当然で、暑いからと裸足なんてもってのほかですよ!本当はレギンスも重ね履きした方がいいそうです。
    そして上半身は、ノースリーブやキャミソールくらい薄着でもいいんですって。
    真夏のレギンスはどうしても履けないという人は、重ね履き靴下でもいいそうです。これならできそう。^^

  5. 靴の選び方
  6. 靴下を4枚以上も重ねると、今までの手持ちの靴ではサイズが合わなくなって履けないですよね。
    靴下の重ね履きを家にいるときにしかできない人はいいのですが、これから1年中やっていきたい人は、低体温対策のためには靴も用意した方がいいです。
    靴は、つま先はコロンと丸みをおびたデザインがいいですね。
    ブーツもおすすめです。


    夏でも冷え取り靴下にブーツを履いている人もたくさんいます。
    いつもより大きめのスニーカーを用意する人もいます。
    メンズのスニーカーは幅広なので、メンズサイズを買う人もいますよ。
    サンダルに靴下というスタイルもおすすめです。

まとめると…

・つま先がゆっくりしたデザインの靴
・ブーツ
・スニーカー
・サンダル


いずれも冷え取り靴下を履いた状態で、試着した方がいいですよ。
お洒落なファッションでも、こうして冷え取りができるので、低体温対策をぜひはじめましょう。