頭が痛い!その原因、実は低体温かも

低体温の母は頭痛持ちで、しょっちゅう頭が痛いといってます。
低体温は血流が悪くというから、頭痛の原因ももしかしたら冷え…?と思い、調べたら、やはり低体温になると頭痛が症状として現れるそうです。
子供

なぜ低体温が頭痛の原因に?

低体温になると、まず血流が悪くなることはこれまでも書いてきました。
血液は、太い血管から毛細血管まで体中の隅々にある血管の中を駆け巡り、私たちの体に酸素や栄養素を運んでくれ、体温もつくりだしてくれているのです。
頭痛は、低体温の冷えによって、血液の中にある酸素や栄養素が脳に届かないため、脳が貧血状態になって起こるのだそうです。

血液の流れが悪くなるとどうなるか

川の流れを想像するとわかりやすいと思いますが、いわゆる清流と呼ばれる川は流れも速く水も澄んできれいです。
一方、あまりきれいでない川はどうでしょう。流れもゆっくりで水も淀んでいたり、ひどいと悪臭がしますよね。

これと同じように、心臓から酸素や栄養を積んだきれいな血液が体中を流れ、また心臓に戻りきれいにされて体の中を循環しています。
この状態を想像すると、とても健康なイメージがあります。

逆に、流れが悪い汚れた血液が流れも遅く溜まるとどうでしょう。これが毒素というものでしょうか。
この状態は、体のどこかに不調が現れてもおかしくないと想像できますね。
頭痛も同じことですね。

頭痛は冷え取りで治す

頭痛はつらいですよね。その頭痛から解放されるためには、低体温を克服していけば治るかもしれません。
私は低体温ではありますが、頭痛というものはあまり起きないのですが、私のまわりには、頭痛持ちの人がかなりいます。

でもその人たちはたいていこういいます。「頭痛は子供の頃からなので、これは体質なのよ」って。
でも果たして本当に「体質」なの?と疑問に思いました。
その子供の頃もすでに低体温だったということもあり得ますからね。

その頭痛、体質だからと決めつける前に、低体温克服をしてみたらどうなんだろうと思いました。
「私はよく風邪引きやすくて、あまり強くないのよ」という人もいるけど、自分で自分を病弱にしているんだなと、今回低体温のことを知り感じました。

頭痛はつらいですよね。
私なんて滅多にならないから、たまに頭痛になると、もう大変!
こんなのがほぼ毎日だなんて…私には耐えられませんよ。(^_^;)

頭痛で困っているなら、体質だと決めつける前に、ぜひ「冷えとり」をやってみてください。
完全に頭痛がなくなるかはわかりませんが、低体温は体に良くないので、実践した方がいいに決まってます。

結果として頭痛が消えていたら、それはそれはハッピーなのではないですか?
冷えや低体温のことを知れば知るほど、それは体質ではなく低体温が原因なんじゃないの?って思います。