低体温の人は老けるってほんと?

低体温や冷えは免疫力や代謝をさげるというお話はしてきました。
ところがさらに怖い話があるんですよ。それは…老化。
老ける!との情報です。
美容やアンチエイジングに気を配っている女性は、低体温対策しないと、ヤバイですよ!
高価なスキンケアをするのももちろんいいけれど、脱低体温をしないと、お肌も体もどんどん老けるのです。
長生きしたかったら、体温は適正がいいらしいですしね。
老化に悩む女性

低体温は老ける原因とその理由

低体温は酵素が足りてないかうまく機能していない状態なので、血行が悪いですよね。
血行が悪いことで、肌のトラブル、薄毛などのトラブルも起こり、肌の老化により老ける結果になるんですね。
実年齢より老けて見られたらショックですよね。
その逆で、まったくその年齢に見えない人っていますよね。これも低体温による血行が原因だったのですね。

若く見られたいなら、低体温は克服しなくては!老けるのは嫌だ~!
老けたくないなら、低体温は改善させ血流をよくすることです。
肌だって頭皮だって、すべて温かい体温と血の巡りによって健康な状態であるわけです。

低体温が長寿の秘訣?長生きできるの?!

低体温は健康面にも美容面にも良くないとずっと述べてきましたが、ここへきて「低体温が長生きの秘訣?!」のようなことが耳に入ってきました。
どっちが本当なのよ…と思っちゃいますよね。どうして長生きに低体温も悪くないといえるのかな。

低体温をすすめている医師で有名なのが、聖路加国際病院名誉院長の日野原重明先生がいます。
以外でビックリしましたが、長生き長寿の条件として以前テレビで紹介されていました。
長寿の条件を3つあげられたのですが、その中に「低体温」が入っていたそうです。
日野原先生ご自身の体温はなんと35度だそうです。低いですよね。
日野原先生の考えは、低体温は冬眠する動物と同じようなことで、無駄なエネルギーを抑えられるという理由でした。

なるほど…理屈にはあいますよね。
ただここで違うのは、いっぱい食べて運動もしない人の低体温と違い、日野原先生の場合は、低体温でいるためにカロリーを制限した食生活を送られているそうです。 もともと低体温になっている人とは、まるで違う生活を送られていることなので、安易にマネはしないでくださいね。
低体温が長寿にいいのでは?というお話を聞いたので、述べてみました。